Daryl Hall ( Sacred Songs )

DarylHall(SacredSongs).jpg

久し振りにDaryl HallのCDを買いました。このアルバムはDaryl Hallのソロ1stです。レコード会社が止めちゃったので、発売が2年ばかり遅れたという曰く付きのものです。なぜって? あの、King CrimsonのリーダーであるRobert Frippがプロデュースしたんですよ。で、当時非常に売れていて、さらに人気のピークに向かおうとしていたHall&Oatesのイメージと合わないと考えたからなんです。

今聴けば、どおってことはありません。いやっ、Daryl Hallのソロだと思って聴けば、十分アバンギャルドかもしれません。でも、本人も楽しんで作ったようで、これはこれでアリだと思います。少なくとも、Philly SoulなDaryl Hallの歌を聴きたい人にはアウトでしょうけどね。

4枚出してるソロの後の3枚は持ってるんです。嫁さんが大ファンなんです。なので、揃えるしかないかなと(笑)。でも... 嫁さんがいる時にCDかけてみたんですが、反応が...
やっぱり嫁さんにとってのDarylくんはPhilly Soulな歌を歌う人なんです。私はプログレ・ファンでもあるし、King Crimsonとかも好きですからOKなんですが、たぶん、このCD、今後はあまり我が家ではかからないと思います(笑)。せっかく紙ジャケ、K2フォーマットなのになぁ。