Mike Oldfield ( The Songs Of Distant Earth )

MikeOldfield(TheSongsFromDistantEarth).jpg

今日もしつこく、弟に借りているCDシリーズです。Vangelisが2日続いたのに、今日もMike Oldfieldですからね。こうした系統に興味ない人、すんません。まぁ、弟も好きなんですね、こういうのが。もともとプログレ・ファンだし、クラシックやイージー・リスニングも聴くし、フォーク寄りのSSWも好きだしなぁ。私もそうしたやつが好きなもんで、嬉しくって聴いてるんですけどね。

このアルバムは聴いたことなかったです。コンセプト・アルバムですね。ま、Mike Oldfieldの場合、いつも何かコンセプトがありますけどね。で、このアルバムは良いです。ファンの人なら、間違いなく気に入るアルバムですよね。Mike Oldfieldって、電子音楽っぽく走っちゃったり、ギター博覧会に終わったりせずに、そうですね、Enigmaみたいなのを例えに出すのもどうかと思うんですが、伝統音楽や民族音楽みたいなのも含めて非常に幅広い音楽性を持ってアルバムを作りますよね。で、全体の雰囲気からして、プログレ・ファンに特に喜ばれたりするんでしょうけど。

Mike Oldfieldのアルバムを聴いたことの無い人にその音楽を紹介するのって、すごく難しいなって昔から思っています。どのアルバムから聴くかによってもずい分印象が変わるかもしれません。とは言え、レンタル屋にも何枚かはありそうですから、未経験の人は一度試してみてほしいです。