Chuck Mangione ( Feels So Good )

ChuckMangione(FeelsSoGood).jpg

いや〜、パソコンが故障すると痛いですね。普段、何気なく使っているパソコンがトラブルなく動いていることの有難さを痛感します。まだ直らないんです(泣)。なので、このサイトも、今月は更新タイミングがばらばらで、読んでいただいている方は「今月は何をやっとんじゃ?」と、あきれておられるでしょう。すんません、もうしばらく辛抱下さい。いろんな環境を使って、書いておいたものを少しずつアップしてますので。

ということで、こうしたイライラする不安定な精神状態の時には、ホッとするインストゥルメンタルものが聴きたくなったりします。皆さんは、そんな時ってないですか。なんか古いやつでもとCDラックを見渡して手に取ったのが、Chuck Mangioneの名盤です。これを原体験で知っている人は、それなりの世代ですよね(笑)。
でも、このタイトル曲自体は、いろんなところで散々取り上げられてきましたから、耳にしたことのある人はかなり多いと思うんです。「心地良いフュージョン」というイメージで真っ先に思い浮かぶ曲が、私の場合、この"Feels So Good"と、George Bensonの"Breezin'"なんですよ。

どちらもレンタル屋のJazz/Fusionコーナーへ行けばあるんじゃないでしょうか。よく知らない人も、「心地良いフュージョン」を聴きたくなったら、騙されたと思って借りてみて下さい。ホッとします。
気分はホッとしても、直らないパソコンにはゲンナリしますけどね。